活動計画

平成30年度 活動計画

(1)住宅確保要配慮者への相談、入居支援及び入居後のサポート事業の
   実施

概要
①相談窓口対応及びマッチングの実施

②入居後のサポートの実施  
具体的な方法
①住宅確保要配慮者や空き家所有者からの相談対応及び、サポート部会・住宅
 管理部会において相談者に必要な支援内容を検討する。

②定期報告等により入居者の生活状況を把握し、居住継続ための支援を行う。
 また、トラブル回避に備えて弁護士をアドバイザーに迎え、入居者及び所有者
 への法律面でのサポートも行う。

(2)ワンストップ相談体制構築及び居住支援協議会事業改善の検討

概要
①不動産業者に対する賃貸事業の実態把握に関する調査研究

②生活支援及び空き家活用等を行う行政担当及び団体との意見交換の実施

③居住支援協議会事業の見直し

具体的な方法
①住宅確保要配慮者の住宅確保に繋がる不動産業者の協力店を増やすため、不動産
 業者の具体的な事業内容、過去の不動産トラブルの内容とその対処方法、住宅確
 保要配慮者が住まいを確保するために必要な支援サービスの内容や入居しやすい
 条件等の実態を調査することによって、所有者・住宅確保要配慮者・不動産業者
 のニーズを把握し、住宅確保要配慮者の入居促進に繋げる。

②大牟田市内の生活支援及び空き家活用等を行う行政担当及び団体との意見交換を
 実施することで、大牟田市全体を通してワンストップの相談体制構築に向けて検
 討を行う。

③今後も住宅確保要配慮者への支援を充実させるため、相談・入居支援・入居後の
 サポート・部会等の事業実施体制を見直すことで、事業全体の改善と支援の充実
 に繋げる。

(3)住まい情報の提供及び協議会活動等の周知

概要
①協議会活動等の周知、空き家情報の収集および住まいの情報提供

②住まいに関する意識啓発活動供

③地域向け空き家活用事業の支援の実施

具体的な方法
①空き家情報及び居住支援協議会等の取組み、これまでの空き家活用事例や入居
 実績を、住みよかネット(大牟田市居住支援協議会独自の住情報検索システム)
 やホームページ及びフェイスブックを通じて随時発信していく。
 また、平成29年度に引き続き、所有者向けの相談会を実施するなどの方法によ
 り、住宅確保要配慮者へ提供できる空き家の情報量を増やす。

②市民及び不動産業者向けに、新たな住宅セーフティネット制度の周知等、住まいに
 ついての情報を啓発するセミナーを開催。併せて、居住支援協議会の取組みや入居
 実績、入居までの手順等、空き家活用の事例紹介等を伝えることにより、民間賃貸
 住宅への円滑な入居の推進に繋げる。

③平成29年度に引き続き、地域の居場所として空き家を活用していくための支援や
 情報発信を行う。

前年度の活動

平成29年度活動報告
平成28年度活動報告
平成27年度活動報告
平成26年度活動報告
平成25年度活動報告